About Item(studio coudreの帆布バッグについて)

 

表地について

 

倉敷帆布生地

表地は綿帆布の日本一の生産量を誇る岡山で生産された「倉敷帆布」を使用。自然素材のまま、昔ながらの織り方を守る事で日本的な暖かさが感じられる素材となっています。

studio coudre(スタジオクードル)で使用する帆布は、更にバイオウォッシュ加工(一度洗うことでシワや色ムラができ、凸凹した風合いがでます)を施し、より独特な風合いを持たせております。

また、履き込んだジーンズのように生地が肌に馴染むので、厚めの帆布に見られるゴワゴワ感がありません。

凸凹したシワや染ムラのようなヴィンテージ感を楽しんでいただけたらと思います。

 

裏地(合わせ生地)について

 

帆布生地は丈夫な素材である為、多くの帆布バッグは1枚ものが多いのですが、studio coudre(スタジオクードル)の鞄では、用途に合わせてそれぞれ下記2種類のどちらかの裏地を組み合わせて制作しております。

◆オリジナル生地

  • 縫製道具をデザインモチーフにしたオックス素材のオリジナル生地を使用しています。

    京都の職人により古くから伝わる染色技術「手捺染」でプリントしており、手染めならではの風合いを感じていただけます。

    (※注)
    生産時の生地の取り方によって一つ一つ柄の入り方が異なります。予めご了承願います。
  • studio coudreオリジナル生地 手捺染

◆ナイロン生地

  • もう一つは、抗菌防臭プラス消臭もしてくれるという優れたナイロン地『バイオライナー』を使用しております。

    糸の段階でセラミックス系の抗菌剤を練り込んでおり摩擦にも強く抗菌剤が剥がれる心配はありません。

    その為、その効果は半永久的で、いつも清潔を保てます。

  • ナイロン生地バイオライナー

「あったらいいな」をカタチに。

 

  • studio coudre(スタジオクードル)の設計コンセプト
  • 私たちは鞄をデザインする際、まず使われるシチュエーションを考えます。

    生活の中の様々なシーンにおいて、
    「こういったバッグがあったらいいのにな・・・」
    というイメージから始まります。

    そして全体の大きさから持ち手の長さ、ポケットの位置、季節感を意識したカラー選定まで、ひとつひとつ拘ってデザインしていきます。

    出来上がったものは、必ず自分自身で使用してみて、何度も改良を重ねて仕上げていきます。

    このようにして制作した私たちの鞄は、必ず長く快適にお使いいただける鞄となるでしょう。

    私たちのこの鞄があなたの日常に寄り添える事を願って・・・

 

studio coudre

「studio coudre」とは縫製工場という意味です。

私たちは数年前に夫婦二人で雑貨製品等の縫製加工業を始めました。そこで培った技術とノウハウを活かし、バッグのオリジナルブランドを立ち上げました。

シンプルなデザインと、無駄のない機能性をバランス良く併せ持った鞄の制作・販売を行っています。

スタジオクードルブログ